menu

日本開発興業株式会社 千葉事業所

第一石産運輸の関連会社

日本開発興業株式会社千葉事業所は1966年の操業開始以来、170万平米を超える事業用地、年間生産量120万トンを可能にする生産設備、高強度の生コンが製品化できる高品質な洗砂により、今後も大きく発展する可能性を秘めている東京湾岸エリアを中心に、日本の首都「東京」の開発事業を支えています。

主要な取扱製品

鉱区

国内最大の山砂産地である君津地区で、事業用地170万平米を構え、高い堅牢を誇る良質な原砂が採取可能です。将来的には南側への拡張を予定しており安定供給を可能としています。また、採取跡地の一部では規模2,000kwの太陽光発電事業を行っています。

プラント

年間120万トンの洗砂が生産できる3基の洗浄選別プラントと粒度調整用の砕砂プラント1基を配置し、安定生産を可能にしています。品質管理の一環として順次設備の更新を行っているところです。

場内ストック

需要動向に応じた生産と、陸路・海上路の二つの輸送経路に便利な立地にある広大な敷地を生かし、お客様のニーズに迅速にお応えできるストックを備蓄しています。

輸送体制

当事業所からはトレーラーダンプを含めた40台の庸車にて片道30分の木更津港まで陸上輸送、その後はガット船による海上輸送で東京湾を横断。船輸送会社とも連携することで、交通状況に左右されることなく東京・神奈川の湾岸エリアへの安定した輸送体制が確立しております。

 

事業所名 日本開発興業株式会社
千葉事業所
所在地 〒292-1144
千葉県君津市法木270
電話 0439-32-3136
FAX 0439-32-4504
事業用地 1,702,000m2
主要設備 砂プラント3式
砕砂プラント1式
生産能力 中目砂600,000t/年
新中目砂600,000t/年
主要製品 中目砂・新中目砂・細目砂