menu

骨材供給のパイオニア

沿革

沿革


大正

14

4

越智喜三郎(故人 初代社長・会長)第一砂利合資会社を設立

昭和

23

4

鬼怒川興業株式会社を設立

昭和

23

11

間運輸株式会社を設立、特定貨物自動車輸送事業を開始

昭和

27

3

鬼怒川興業株式会社に第一砂利合資会社を吸収合併、第一石産株式会社と社名変更、都下多摩川沿岸拝島に砂利工場を建設

昭和

27

6

間運輸株式会社に一般区域貨物自動車運送事業の免許下附

昭和

28

7

間運輸株式会社に第一石産株式会社を吸収合併、第一石産運輸株式会社と社名変更

昭和

32

1

埼玉県荒川沿岸花園村の花園砂利工業株式会社を買収、同年9月に砂利工場を建設

昭和

34

3

建設業法に基づき登録

昭和

36

11

花園砂利工業株式会社を吸収合併

昭和

39

10

山梨県都留市に砕石工場を建設

昭和

40

7

都下拝島工場内に昭島車両整備工場を建設

昭和

42

12

資本金を1億170万円とする

昭和

45

1

京都府城陽市に支店を設置

昭和

46

11

埼玉県児玉郡上里町に砂利工場を建設

昭和

47

7

第一興産株式会社を吸収合併

昭和

48

7

栃木県宇都宮市に営業部栃木営業所を設置

昭和

52

6

神奈川県川崎市多摩区に工事事業部神奈川工事事務所を設置

昭和

52

9

福島県いわき市大久町に砂利工場を建設

昭和

55

3

神奈川県横浜市緑区に神奈川営業所を設置

昭和

57

4

埼玉県大里郡花園町に工事事業部埼玉営業所を設置

昭和

59

5

埼玉県大宮市に大宮営業所を設置

昭和

60

8

岩手県九戸郡野田村に砂利工場を建設

昭和

62

1

埼玉県比企郡小川町に砕石工場を建設

昭和

63

7

神奈川県川崎市麻生区に工事事業部神奈川工事事務所を移設

平成

4

6

埼玉県花園工場に骨材再生プラントを増設

平成

4

11

柿平砕石株式会社を設立

平成

6

12

東京都昭島市に骨材再生プラントを新設

平成

7

1

台湾花蓮市にて富國新股イ分有限公司と合弁会社を設立

平成

8

4

鳥川産業株式会社を吸収合併

平成

8

6

山梨県都留工場に骨材再生プラントを増設

平成

9

11

荒川産業株式会社を吸収合併

平成

16

2

コンクリート用砕石類JIS取得(小川工場)

平成

23

4

日本砕石工業株式会社を吸収合併

平成

24

4

宮城県仙台市に仙台営業所を開設

平成

29

11

日本開発興業株式会社の完全子会社化